yuki.takahashi blog

自分をコーチするブログ

遊006:お初、皇居を走る

皇居は言うまでもない超パワースポット

 

東京のど真ん中で

キレイなビルが建ち並び

且つ、いい具合に緑と水に囲まれ

めちゃんこエネルギーが湧いてくる

 

車で通ることは数えきれない程あれど

自分の足で1周走るのは初めて

 

日曜の朝0800-

天気もギリギリもって、無事に10kmラン

 

途中、何度も「もう歩いたろか」とか思いながらも

なんとか最後まで走り切り、ちょうど60分。

これが現状…。。

 

気付いたこととしては

・自分1人だったら「もういいだろう」とサボるところを、誰かと走るとそうもならない。というか、そうもいかない。

・出来ない/負けてる自分が悔しい!という感情 貴重なやつ。これが原動力になる。

・やっぱり、「できるできない」じゃなくて、「やるかやらないか」の問題

・サボろうと思えば、いくらでもサボれる。チカラを出し切らないでも。

・辛い苦しいときは、言い訳とか、やらない理由の「邪念」ばかりが浮かぶもの。

・何も考えないで、just do it. 先とか考えすぎない。目の前クリアし続ける。

・一方で、気合いだけでなんとかしようとしても限界がある。気合いがある状態で、その上で効果的な技術や手法があると、活きる。

 

誰かが出来て、自分が出来ない というのは

非常にいい「悔しさ」を生んでくれるもので

特に、自分が過去に「これぐらいできた」というのを知っていると

自分の中でのハードルとか限界値が、今よりも高いところにあるのを知ってる

だからこそ、「自分はもっと出来る」と思いたいし、思っちゃう

 

ということで

これを機に、走る機会を増やし

もっと長く速く走れるようになろうじゃないか