yuki.takahashi blog

自分をコーチするブログ

1つ1つを消していく喜び

ポストイットに書く

という習慣がついたのは、すごい会議と出逢った3年前から

 

ここ最近してなかったけど

あらためて、taskを小さいpost itに書いて

それを完了した時に、くしゃくしゃにして捨てる

という行為が「快感」だという再認識

 

残ってると気になるし

でも一方で終わらせて減っていくと、気持ち良いし

なにより、くしゃくしゃに丸めてゴミ箱に捨てる

という行為が、いいんだなー

 

誰かに管理されたり

ある一定の規則の中に身をおいていないと

どうしても、自分で自分を律することが求められて

 

疑問を抱きながら時間を過ごしたり

不満を持ち始めるようになると

今度は一種の恐怖であったり不安に襲われることや

自分自身を保てなくなるときがくる

 

そんな時は大体いつだって

頭で考え過ぎても、何か素晴らしい解決策が出てくるわけでもなく

待っていれば時間が解決してくれるということでもなく

「何かしら、行動を起こし続けること」が解決策だって

自分の経験の中では、それが鍵だって思ってる

 

今、目の前で、やれること

今、目の前で、やるべきこと

今、目の前で、やりたいこと

 

思いつく限りに書いて

やって

で、捨てる

 

この循環がまわり始めると

inputとoutputの循環が速くなると

気付いたら、色んなことが好転していくんだなー

 

当然post itは何度も貼付け→剥がすが可能な

「強粘着」タイプ

ふっふっふ

 

f:id:yuki_takahashi:20160828223605j:image