yuki.takahashi blog

自分をコーチするブログ

本003:きっと、よくなる

本田健さんの本を久しぶりに読んだ

 

きっとよくなる って

何が、きっと良くなるんだ…?

というのと、自分自身が今何を「きっと、よくしたい」のか

 

そんな目的は特になにも持たず

単に

本田健久しぶり

・Febeで「800円セール!」ってやってた

という理由で手を延ばした本

 

今回から、簡単にメモや感じた事を書く事にしよう

多分そのほうが続くから

 

◇幻想→夢→目標→タスク

これらの言葉の定義と「意志レベル」のフェーズについて

「おっ」と思ったので、メモ。

 

本の中での定義としては…

幻想は、「出来ると思わないけど、いいなー」というレベル

夢は、「いつかできたらいいなー!」というレベル

目標は、「いつまでに、やると決めた」というレベル

タスクは、もう「いつ何をやるか」まで計画に入ってるレベル

 

別に幻想がダメとか、全部タスクレベルにもってこい とかって話ではなく

この4つの段階を知る事と、想いを抱いている物に関しては、より実現のフェーズに近づける事を意図的にやっていけばいいのかな と。

 

※4つ目が、タスク という言葉じゃなかったかも

ニュアンスはそんな感じだったので、そのまま残す

 

ちなみに書籍全体としては、「ヒトや物事との関係」についての本だった と記憶。やや曖昧。