読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuki.takahashi blog

自分をコーチするブログ

本001@30日で人生を変える 続ける習慣

本のログ

 

「夢中に」というキーワードが先日あったので

「習慣」を体系化している本

 

ベタな名前の本で、なんかちょっと癪だけど

 

 

短期的であったり

単発の何かを喜びにすることは決して悪くないけれど

 

農業と同じで

「時間をかけて、育てて収穫する」

短期 中期 長期の農作物を育てる

という喜びを人生に持っていたい

 

書籍では

「習慣の種を蒔いておこう」と言ってた

 

◇習慣とは

 

「刺激に対する無意識/条件反応」「自動化されているもの」で

脳に作られたプログラム

 

要は「よっしゃ!習慣化するぞ!!」みたいな

意志や根性に頼る状態じゃなくて

「やるのが当たり前」になっている状態

 

ちなみに

脳には「良い・悪い」の区別がないので

自身が気付いていないだけで

心身にとって悪影響な習慣をつけている可能性だらけ

 

一方で自身の反応を「成功する為の反応」だらけにして

習慣を自分の味方とすることが出来たら…すばらしい!

 

ちなみに習慣が得意な人が掴んでる2つのポイントは

 

①習慣化のプロセスの理解

②自分の理解 =「挫折ポイント」「やる気のマネジメント方法」の理解

 

 

◇なんで習慣化が簡単でないか

 

変化とは「脅威」

ヒトが何かが変えようとするとき、それへの抵抗が自然と起きる。

なぜならば変化から身を守ることで生存しているから。

それを「ホメオスタシス」という

例)平熱の維持

 

変化への重力は下記の2つ

①新しい変化に抵抗する

②いつも通りを維持する

 

なのでどうしたらイイって…?

脳が新しい変化を「いつも通り」と認識するまで、やる。やり続ける。

 

 

◇習慣まで期間

色んな説があるが、続けたい習慣の種類によって異なる

①行動習慣・・・1ヶ月

日課など 勉強 片付け 日記 家計簿

 

②身体習慣・・・3ヶ月

ダイエット 運動 早起き 筋トレ

 

③思考習慣・・・6ヶ月

論理的思考力 ポジティブ思考

 

 

◇習慣までの3つの道のりと挫折率

 

①反発期   (1-7日)   →42%

②不安定期 (8-21日) →40%

③倦怠期   (22-30日) →18%

 

ちなみに最大の難所は「7日目」まで。

ということで、まず7日間、毎日続けてそこを越えたら自分を褒めたげよう。

 

※ロケットが大気圏を抜けるエネルギー>宇宙空間での何万キロのエネルギー

一旦習慣化=後は楽になる

 

 

◇スタート時に既に失敗している可能性の例

 

1.同時にいくつもやっている

習慣引力だらけになる

 

2.行動ルールが複雑

シンプルにする!

 

3.結果にこだわり過ぎている

無理しない。結果を焦らない。

 

 

◇習慣化のための対策

まず習慣化する内容とビジョン決め。既に起きたかのように過去形で記す。

 

①反発期の対策

・まず必ず「毎日」行動を起こし続ける

・行動量や結果を無視する

・ベビーステップ

・シンプルに記録する など

 

②不安定期の対策

・徐々にハードルを上げる

・パターン化する

・例外ルールを設ける

・継続スイッチを押す

 

③倦怠期期の対策

・自分ハードルを守る

・小さな成長を感じる

・変化をつける

・次の習慣を計画する